夢中になって、仕事ができるチームってどんなチームだろう?

・働いている人たちがみんな、やらされ感を持って仕事をしている会社

・お給料をもらうためだけに仕事をしている会社

・雰囲気が暗くて、笑顔が見られない会社

 

それとも、

・そこで働くことが楽しくてしょうがない会社

・そこで働くことで人間的成長ができてお給料以上の経験を得られる会社

・仕事の経験を重ねるごとに、仲間たちとの信頼感や一体感が増す会社

 

「どちら人が多い会社の方が、より大きな成果を出せるでしょうか?」と聞かれたら、後者だと答える方がほとんどだと思います。では、なぜ私たちは、そうとわかっていてもなかなか会社を変えていくことができないのでしょうか?

 

その問いに対してのヒントが、「フロー」にあります。

フロー状態とは、目の前のことに完全に没頭していて、最大のパフォーマンスが発揮されている状態です。この「夢中になっている状態」が、人に「楽しみ」や「わくわく感」さらには、「成長」や「充実感」、「やりがい」をもたらします。元シカゴ大学、(現在はクレアモント大学院)の心理学教授である、ミハイ・チクセントミハイ博士が始めた「人の幸せ」の研究や、「楽しみを感じること」についての研究の成果が「フロー理論」としてまとめられています。「フロー理論」は、心理学の分野だけでなく、最近では組織変革や人材育成、学校教育の分野でも非常に注目されています。また、今年のワールド・カップの日本代表チームを率いた岡田武史監督も、フローな組織づくりについて学び、チーム作りに活かしています。

 

チクセントミハイ博士は著書の中で、「人生に幸福をもたらす最大のものは、仕事と人間関係におけるフローである」と言及しています。つまり、人は夢中になって仕事をすることでやりがいや充実感を得られ、さらなるパフォーマンスを発揮できるようどんどん成長することができます。さらに、一人ではなく、チームで一体となってフローな状態で仕事をすることで、一人ではなし得ない大きな成果を達成し、その喜びを分かち合うことができます。それこそがまさに働く幸せと言えるのではないでしょうか。

 

第3回のフロー・シンポジウムでは、そんなフローを生み出す最高のチームづくりについて、4人の専門家と一緒に体験と対話をしながら学びます。

 

講師は、

・フロー理論を組織開発で実践しているスポーツドクター 辻秀一氏

・各方面で注目されているチームビルディングの専門家 長尾彰氏

・日本中の超優良経営企業のドキュメンタリーを10年以上撮り続けている西川敬一氏

・チームメンバーの力を引き出すファシリテーションの実践家 広瀬義浩氏

です。

 

フロー・シンポジウムは単に知識を学ぶ場ではありません。【知る→実践する→振り返る→共有する】というプロセスを通して、明日からの仕事に活かせるようにプログラムされています。なぜなら現場で実践して初めて、それを学んだと言えるからです。

 

今年5月に東京でスタートした、フローシンポジウム。9月に静岡、そして11月は大阪での開催です。専門家が一堂に会し、フローについて学びを深め、フローを体験できるこの場は非常に貴重な機会です。ぜひお早目にお申し込みください。

お申込はこちら

開催概要

日 時 2010年11月23日(火・祝)  10:00~16:30 (9:30開場)
会 場 大阪産業創造館4F/イベントホール
大阪市中央区本町1-4-5
中央線・堺筋線「堺筋本町駅」下車徒歩5分
地図≫ http://www.sansokan.jp/map/
対 象 ・フロー理論を活かして、生き生きした組織をつくりたい方
・フローを体験してみたい方
・組織やチームの活性化の方法を学びたい方
内 容 フローについての専門家や実践家による事例紹介や体験・体感型ワーク、参加者同士での対話を通して、フローに関する知識を得るだけでなく、実際に職場などで活用するための様々なヒントをお持ち帰りいただけます。

・「パフォーマンス・エクセレンスのためのフロー理論」 スポーツドクター 辻 秀一氏
・「チームの成長ステージとフロー体験」している株式会社 長尾 彰氏
・「やる気を高めるフローなチームづくり」
  チーム経営 広瀬義浩氏/株式会社ブロックス 西川敬一氏
定 員 100名
※定員になり次第、締切とさせていただきます。
参 加 費 10,000円 (11/16までに申込みの方) / 13,000円 (11/17以降に申込みの方)
※お申込み後の返信メールにお振込先が記載されています。
主 催 フロー・インスティテュート Flow the World 実行委員会
共 催 LLCチーム経営/株式会社ブロックス/ワールド・カフェ・ネット

プログラム詳細

session01

パフォーマンス・エクセレンスのためのフロー理論

辻 秀一 氏
有限会社オフィスドクター辻 代表取締役
スポーツドクター
『スラムダンク勝利学』、『フロー・カンパニー』の著者であり、スポーツドクター、産業医としても活動をしている辻秀一氏。
ゴルフ、テニスなどプロスポーツ選手や大学体育会、チェリスト・ピアニストなどの音楽家にも広くメンタルトレーニングを指導するかたわら、ジャパネットたかた、監査法人トーマツなどの企業に対しても応用スポーツ心理学をベースにしたフロー理論を活用し、社員一人ひとりがアイデアや行動力に溢れ、イキイキと働ける組織づくりのための講演やトレーニングを実践されています。
今回は、現場での実績や経験談をまじえ、「フロー」についての体系的な解説をしていただきます。さらに、私たちの脳の機能や特徴を理解し、その機能を最大限に活用するために「ライフスキル」によるセルフマネジメント法をご紹介いただきます。
いかに大変な環境であっても、また、何気ない日常の中にあっても、いつもその人にとっての最高のパフォーマンスを発揮できるよう、揺らがずとらわれず、自分自身の心の状態をマネジメントする方法です。
辻秀一氏ご本人の生き方や語り口は、常にパワフルで明快。
「わかりやすい!」「元気が出る!」と評判の講演は一般の方が聞くことができる機会が限られています。この機会をどうぞお見逃しなく!

講師プロフィール

辻 秀一 氏
1961年東京生まれ。北海道大学医学部を卒業後、慶應義塾大学病院で内科研修を受けたのち、慶應義塾大学スポーツ医学研究センターでスポーツ医学を学ぶ。その後、応用スポーツ心理学をもとに、パフォーマンス・エクセレンスをミッションとしてエミネクロスを立ち上げ独立。フロー理論を基にジャパネットたかた、監査法人トーマツなどの企業、ゴルフ、テニス、ダンス、ボクシングなどのプロスポーツ選手や慶應義塾大学ゴルフ部、明治大学チアリーディング部、東京大学ボート部、早稲田大学ラグビー部などの大学体育会、そして、チェリスト・ピアニストなどの音楽家まで広くメンタルトレーニングを行っている。年間 3回行う人間力ワークショップには全国からライフスキルの獲得のために、コンサルタント、社長、教師、OL、アスリート、コーチなどたくさんの参加者が集まる。著書には「スラムダンク勝利学」(集英社インターナショナル)、「フローカンパニー」(ビジネス社)、「図解、成功する人の脳と心の習慣術」(秀和システムズ)、「新根性論」(毎日コミュニケーションズ)ほか多数。

session02

チームの成長ステージとフロー体験

長尾 彰 氏
している株式会社 代表取締役
組織開発ファシリテーター
文部科学省「熟議」公認ファシリテーター
楽天大学チームビルディングプログラム主任講師
チームビルディング・ファシリテーター
企業、団体、教育現場など、10 年以上にわたってチームビルディングプログラムを実施し、文部科学省の「熟議」に史上初の民間ファシリテーターとして登用されたチームビルディングの専門家である長尾彰氏を迎え、集団で「フロー」の状態を発揮することを目指したチームビルディングの手法を実際に体感します。フロー理論を知識として「知っている」だけでなく、カラダを動かすアクティビティ(ゲーム)を通して「やってみる」→「やってみて気づく」という体験です。このとき重要なことは、チームには成長のステージがあり、段階を追って発達していくことを、メンバー全員が共有することです。アクティビティの後の振り返りを通して、チームの発達プロセスについても学びます。
「集団でフロー状態に入ることが、どれだけチームのパフォーマンスをあげてくれるか」を再発見し、組織や職場において、メンバーがいきいきと主体性を持って働けるようなチームづくりを実践するための様々なヒントをお持ち帰りいただけます。

講師プロフィール

長尾 彰 氏
チームビルディング・ファシリテーター。静岡県生まれ。日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科(心理臨床カウンセリングコース)卒業後、東京学芸大学大学院にて野外教育学を研究。その後教育研修会社、玩具メーカー人事、人事コンサルタントを経て、2007年4月より「している株式会社」に所属。企業、団体、教育現場など、10 年以上にわたって300 回を超えるチームビルディングプログラムを実施。楽天大学のチームビルディングプログラム主任講師として活動しているほか、文部科学省の取り組み「熟議」に史上初の民間ファシリテーターとして登用されている。

session03

やる気を高めるフローなチームづくり

西川 敬一 氏
株式会社ブロックス 代表取締役
広瀬 義浩 氏
LLCチーム経営パートナー/講師
コーチ、ファシリテーター
ラストのセッションは、地元大阪で活躍のお二人による映像と対話のセッション。 株式会社ブロックスの代表 西川敬一氏は、「DOIT!」という「働く喜びと意欲を高める」ドキュメンタリー映像を10年以上にわたりつくり続けていらっしゃいます。これまで取材した企業は、ベストセラーとなった『日本で一番大切にしたい会社』でも紹介されている、伊那食品工業、ネッツトヨタ、南国、沖縄教育出版、など最近注目を集めている企業ばかり。200以上の候補企業の中から、「社員一人ひとりの言動に理念が反映されていること」というきびしい基準で一つの企業を選び、現場に密着した取材を行われています。そんな取材や様々なインタビューの中から見えてきた「社員がイキイキと、夢中になって働いている企業の共通点」について、最新の映像を通して学びます。
映像の後は、経営にチームという視点を取り入れてコンサルティングやファシリテーションを行っている広瀬義浩氏とともに、参加者全員によるワールド・カフェ形式の対話を行います。自立型のチームメンバーが、お互いに支えあいながら人間として成長していくような組織づくりをサポートされている広瀬氏ならではのファシリテーションによって、参加者全員で一日の学びを共有し、明日からの実践につなげます。

講師プロフィール

西川 敬一 氏
1963年京都(一燈園)に生まれる。1982年ダスキンに入社、その後1987年にマーケティング会社㈱ベルウェイに参画、映像の制作・販売、企業の研修ビジネスに携わる。1993年10月に仲間と共に株式会社ブロックスを創業。1997年に成長企業を紹介するビデオ教材「DOIT! 」を創刊し編集長として企画・制作・販売の陣頭指揮をとる。2004年4月代表取締役に就任。『映像で日本を元気にします』のスローガンのもと「日本を元気にするセミナー」などの経営セミナーや社員教育用の教材制作など映像を中心としたビジネスを展開する。

広瀬 義浩 氏
1960年福岡県に生まれ。1984年近畿大学卒業後、社員教育会社に入社。おもに技術セミナーの企画業務を担当、年間50テーマ以上のセミナーを企画・運営。2003年:セミナーの企画・運営会社を設立。関西を中心に技術系、管理系の講座を主催。2005年:スマイルコミュニケーションオフィスを主宰。コーチング、コミュニケーション心理学、健康法などのセミナーを主催。2006年:LLPチーム経営研究所を設立。2008年:パートナーを募りLLC(合同会社)チーム経営の設立に参画。 現在、ファシリテーション講座、チームビルディング講座を中心に、社会人・官公庁向け研修、ワークショップやワールド・カフェのファシリテーター、プロセスコンサル ティング、コーチング、会議ファシリテーターなどを行っている。

主催団体紹介

フロー・インスティテュート 運営統括 大前みどり

フロー・インスティテュート
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル8F
Tel/03-6868-6267 URL/http://flowinstitute.info Email/info@ flowinstitute.info

フロー・インスティテュートは、いきいきと働く人を増やし、個人だけでなくチーム、組織、学校、地域などを活性化してゆくことを目的とし、様々な事例を共有しながら、フロー理論を実践に活用するための研究をしている団体です。世界中がフローな人や組織で満たされるようにとの想いを込めて、このフロー・シンポジウムを「Flow the World」と名付けました。