top_message.png
top_image.png

lin.png

これまでフロー・シンポジウムでは、主に経営や組織に関わる専門家の方をお招きし、「人がイキイキと働く組織をつくるために何ができるのか」について探求をしてまいりました。様々な経営者、実務家だけでなく、産業界以外からも教育関係者、心理学や医療の専門家など、様々な専門家のお話を伺い、日常の中でその知見を活かすことを大切にしてきました。

その前提には、自ら能力を伸ばし、それをいかんなく発揮しながら、思いを実現して社会の中で意義のある活動をしていける力のある自立した人を増やしたいという思いがあります。そういった人が増えることそのものが、社会がより幸せに向かうことであると考えているからです。

物質的な豊かさだけでなく、人は本来持っている力を発揮できること、それが社会の役に立つことに、大きな喜びや幸せを感じるものです。自らの力を享受し高めること、人とよりよいつながりや関係を築いていくこと。それが人が本来持っている豊かさであり、「生きる力」と言えます。では、そんな「力」を育むために、私たちは今何ができるのでしょうか?

そこで今回は、「生きる力を育む教育とは?」をテーマに、三名の講師にお越しいただき、シンポジウムを開催します。

お一人目の講演者は、民間出身初の公立中学校の女性校長となった平川理恵さん。「自立貢献」を理念とした人間教育、そして、学校、家庭、地域が三位一体となって子どもたちと世の中をつないでいく「開かれた学校」づくりについて、お話いただきます。

お二人目の講演者は、ルドルフ・シュタイナーによって提唱された「シュタイナー教育」が日本で根差すことに尽力された子安美知子さん。シュタイナー教育は、子どもが意思・感情・思考において調和のとれた人間として成長することを目的とし、発達段階に応じて独自の教育課題を掲げる教育です。当日はシュタイナー教育の魅力や可能性、そしてその自由闊達な空気の背後にある深い世界観について、お話いただきたいと思います。

三人目の講演者は、フローインスティテュート代表天外伺朗です。学力偏重の「与える教育」ではなく、その子が本来持っている力を「引き出す教育」について、モンテッソーリ、ニイル、グリーンバーグ、斎藤公子などの教育者の事例を紹介しながらお伝えします。

教育関係者だけでなく、組織の人材育成に関わる方、子育て中の保育者、その他、「生きる力を育む教育」に興味のある方の積極的なご参加を、お待ちいたしております。

line1.png

スピーカーのご講演を踏まえながら、参加者全員のダイアローグを通じて、さまざまな知見から探求していきます。
また、グラフィックレコーダーの山田夏子さんに、講演の内容や全体ダイアログの内容を記録していただきます。


平川 理恵

(ひらかわ・りえ)

横浜市立市ヶ尾中学校校長

自主貢献できる子どもたちを育てる学校教育

同志社大文学部国文専攻卒業後、株式会社リクルートに入社。97年、企業派遣生として米・南カリフォルニア大大学院に留学し、経営学修士(MBA)を取得した。 99年、リクルートを退社し、留学支援の会社を設立。事業売却するまでの10年間、借金なしの黒字経営。2009年、校長試験を受け大阪と横浜で合格し、10年に横浜市立市ヶ尾中に着任。同校は13年、ユネスコスクールに登録され「地域による学校支援活動」、「キャリア教育優良校」の2部門で文部科学大臣表彰を受賞した。 著書に「あなたの子どもが『自立した大人になるために』」(世界文化社)など。

あなたの子どもが「自立」した大人になるために
平川 理恵
441814501X

子安 美知子

(こやす・みちこ)

早稲田大学名誉教授
NPO法人あしたの国まちづくりの会顧問


こんな破天荒な学校が「世界に1000校」を越えた、ホント?シュタイナー学校・40年をかけた体験の日々

東京大学大学院で比較文学専攻、早稲田大学教授としてドイツ語ドイツ文学の研究と指導。 戦前のソウルに生まれ小学6年で終戦。引揚後の困窮時に思春期を迎え, 男女同権, 自由, 平等の新思想に開眼。1971年, 夫と娘を伴うドイツ留学時に娘が通うシュタイナー学校の自由闊達な空気の背後には深い世界観ありと知る。体験記『ミュンヘンの小学生』に毎日出版文化賞。同校卒業生で世界的作家のM. エンデと親交を結び85年『エンデと語る』。以来シュタイナーとエンデを中心テーマに研鑽。「子安美知子とたどるシュタイナーの世界」(NHK放映とビデオシリーズ)、「ファンタジーの継承 — エンデ父子展」「黒姫童話館エンデ資料室」を監修。87年,7人の仲間とともに東京シュタイナーシューレ(現・学校法人シュタイナー学園)設立。2004年千葉県房総の里山にNPO法人あしたの国まちづくりの会設立、同法人運営下のシュタイナー学園で教員養成にかかわる。「教育は学問の対象たるをよしとせず、人の手でつねに創り出される芸術であれ」を銘として今生の「今」を生きたい。2012年瑞宝中綬章受勲。

シュタイナー教育を考える
子安 美知子
4313630147

天外 伺朗

(てんげ・しろう)

フロー・インスティテュート代表
ホロトロピック・ネットワーク代表

生きる力の強い子を育てる教育改革

元ソニー上席常務。工学博士(東北大学)。1964年、東京工業大学電子工学科卒。ソニーに42年余勤務。その間、CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボットAIBOなどの開発を主導。また、脳科学と人工知能を統合した新しい学問「インテリジェンス・ダイナミクス」を提唱した。現在は病院に代わる「ホロトロピック・センター」の設立を推進している。そこでは、人々が病気になった場合には、治療とともに意識の変容を密かにサポートする。 また、企業経営者のための「天外塾」を開いて経営改革に取り組むとともに、近年は教育改革へも手を拡げている。 著書『経営者の運力』『非常識経営の夜明け』『マネジメント革命』『GNHへ』『生きる力の強い子を育てる』『問題解決のための瞑想法』『心の時代を読み解く』『般若心経の科学』『宇宙の根っこにつながる生き方』など多数。

「生きる力」の強い子を育てる 人生を切り拓く「たくましさ」を伸ばすために (人間性教育学シリーズ)
天外伺朗
486410087X

グラフィックレコーダー
山田夏子

(やまだ・なつこ)

株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター/アートコーチ

クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。

グラフィック1グラフィック2

line1.png
開催日時 2015年2月28日(土)
13:30~18:30(13:10~受付開始)
プログラム概要 Session1:講演 平川理恵氏
Session2:講演 子安美知子氏
Session3:講演 天外伺朗
Session4:パネルディスカッション(全体ダイアログ)
会  場 国際文化会館 別館2F 講堂
〒106‐0032 東京都港区六本木5‐11‐16(地 図)
都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩5分
東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩8分
東京メトロ日比谷線 六本木駅 3番出口より徒歩10分
参 加 費 15,000円(税込)
定  員 80名
※定員になり次第、締切とさせていただきます。
主  催 フロー・インスティテュート
お申込み後、キャンセルされる場合

セミナー開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりキャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。
なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。

  • 8日前までのキャンセル・・・無 料
  • 7日~3日前までのキャンセル・・・参加費の50%
  • 2日前~開催後・・・参加費の100%

主催団体プロフィール

主 催

フロー・インスティテュートは、人と組織が最大限の可能性を発揮できる経営を自由に研究している団体です。 イキイキと仕事を楽しみながら働く人であふれた、創造的な組織が世界中に増えることを願って活動しています。 また、「フロー」という考え方には、提唱者のチクセントミハイ博士の定義の他、専門家の様々な解釈と活用法があります。 一つの考え方に限定することなく、様々な角度、視点、立場から、「人と組織が最大限の可能性を発揮できる経営」のための研究を行っています。